北本市市議会議員
三宮ゆきお

Policy私の掲げる政策

オンリーワンのまちへ

~10年後の北本の姿を思い描くまちづくり~

  • 一人ひとりが大切にされ、幸せに暮らせるまち。いつの時代にも求められるまちの姿は変わらないものです。
  • 一方、これからのまちづくりに必要なものは、まちの個性である強みや弱みを分析し、人々の価値観や時代背景も併せながら、大きな視点から考える「政策戦略的」なまちづくりです。
  • 北本市の歴史や文化を守りながら、都会と田舎の交る「トカイナカ」をブランド化し、よそのまちにはない「オンリーワン」な魅力を全国へ発信してまいります。

3つの大切なもの

  • 子ども
  • 子どもはこのまちの未来です。健やかな成長を見守る 責任が私たちにあります。
  • 自然
  • 里山の原風景が色濃く残されているまちは、大変な 魅力でありこのまちの個性です。
  • 地域
  • 多彩な人材に恵まれているこのまちは、活力のあるまちです。対話によるまちづくりの主役は地域です。

3つの当たり前

  • 1. 対 話
    (顔が見える政治) 
  • 2. 正 直
    (しがらみのない政治) 
  • 3. 公 開
    (ガラス張りの政治)

上記に掲げる3つは、プラスαで行うことではなく、当然 のごとく当たり前に行うことだと、私は考えます。

持続可能なまちづくり
みんなが自信と誇りをもって活躍できるまちへ

弱点強化 弱み×機会

市民との対話による協働のまち!

  • コンサル頼みの「ワークショップ」から、真の市民との対話によ る協働のまちづくりを進めるため、職員ファシリテーション研修と 市民ファシリテーター(議事進行役)を養成します。
  • ※ファシリテーション:会議やプロジェクト等の集団活動がスムーズに進むように、また成果が 上がるように支援すること。

問題回避 弱み×脅威

人口減少に対応したプロジェクト!

  • 「財政危機宣言」をして、専門家を交えたプロジェクトチームを 設置。北本版「財政基本(健全化)条例」(仮称)を制定し、子育 て支援、産業振興予算等への未来投資予算にシフトします。
    • 子どもの未来づくりへの投資!

      • 子どもは、まちの未来。子どもの未来づくりへの投資です。まずは、 森林保育、子ども食堂、子ども文庫等の民間活動の支援です。次 に、北本子ども財団(仮称)等の創設に向けて検討を開始します。

差別化戦略 強み×脅威

災害に強く安心なまちを、 移住・定住の切り札に!

  • 大宮台地の標高最高点にあり、地震や水害に強いまちです。 首都圏直下型地震の可能性が高まっている今、災害拠点病院に 指定されている「北里メディカルセンター病院」とも連携し、北本 への移住・定住の促進を強力にアピールをします。

積極的攻勢 強み×機会

関東の中心「交通の要(ヘソ)のまち」!

  • 北本市は、圏央道の開通により、関東の中心「交通の要(ヘソ) のまち」に躍り出ました。この魅力を武器に、圏央道、上尾道路沿 線のあらゆる可能性の調査、検討をします。市長直属の推進室を 設置し、広域・長期的な視点から民間活力を導入したまちづくりを 進めます。
    • 美と癒しのまち・雑木林のあるまち!

      • 北本版「美の条例」(景観条例)を制定し、雑木林や谷津の魅 力と地域の芸術・文化とコラボした「美のまち」づくりを進めます。 まちなかに「雑木林」のあるまち、野鳥の楽園、トンボやホタルの舞 う「県立北本自然観察公園」のあるまちは大変な魅力・武器です。
        • 「縄文のまち」を世界に発信!

          • 「デーノタメ遺跡」を国の史跡として保全し、観光と教育の目 玉(サミットや祭りの開催)とします。また、教科書等出版社に掲載 を働きかけ、「縄文のまち」を世界に発信します。

北本市市議会議員
三宮ゆきお

事務所案内

〒364-0035
北本市西高尾1-259
TEL/FAX:048-592-1376
mail:sangu@salsa.ocn.ne.jp