北本市市議会議員 高橋伸治のサイトです。分析力・企画力でお役に立ちます

「不易流行」 私の好きな言葉

この言葉は、松尾芭蕉が俳句の奥義として語った言葉だそうです。
単純には、不易とは「いつまでも変わらないこと」、流行とは「時とともに移り行くこと」という意味ですが、芭蕉は本質は同じものだと考えたようです。
私は、ものごとに取り組む時に、古くてもいいものは変える必要はない、しかし、新しくいいものが現れたら、取り入れる勇気が必要だと考えて行動することにしています。
これが、私にとっての不易流行の意味です。

「深刻になるな、真剣にやれ」 自分を戒める言葉

私も根っから能天気な人間ではないので、失敗したり、難しい状況になると、ついつい落ち込んで、暗くなってしまいます。
そんな時に、自分に言い聞かせるのが「深刻になるな、真剣にやれ」という言葉です。(どこかでヒントを貰ったのかも知れませんが、自分で創った表現だと思います)
深刻になって、悔やんでいるだけでは、何も変わりません。それよりも、これからどうすべきかを真剣に考え、行動することが大切だと思います。